« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005年10月31日 (月)

今日は大入り

asakusak2 本日の明治時代衣装無料撮影会は超大盛況でした。

一時は4組位並んで、時間も40分オーバー!本当にうれしかったです。サムネイルの加工も大変で、これからボチボチおこないますので、今しばらくお待ちください。 最後にお越しいただいた、和服の団体様は、みなさん和服に凝ってるみたいで個性満点でした!!

本日の画像は粋に二重回しを着こなす昔!?の写真です。後ろの子供たちがこちらに興味をしめしてるところが、「昔らしさ」っすね。

| | コメント (5) | トラックバック (2)

2005年10月28日 (金)

120周年祭半分を終えて

qqqq4 いよいよ120年記念祭も残すところ、あと20日になりました。これまでこれといったトラブルも無く、たくさんのお客様に来ていただき感謝しております。

明治写真会も、時間の関係で1回の開催、10組~13組程度が限界ですが、ほぼ満員御礼です。そしてみなさん大満足で帰っていただけます。残り期間も少なくなりましたが、全力でがんばりたいと!?思います。又、撮影技術やお手伝いまでしていただいた、edo.netのあほまろ様にもとても感謝しております。 

話は変わりますが、ついに自分もマックユーザーの仲間入りする事になりました! 10日前に発表したばかりの最上位機種 Power Mac G5 Quad 2.5GHz で、CPUが4個もある怪物マシンです。Macも来年にはインテルのCPUを使うらしいので、IBM製の最後のモデルなるとの噂です。 こんなマシン、普通の使い方では完全にオーバースペックなのですが、これから自分がやろうとしてる事には必要なのです。

その中から一っ例をあげますと、ビデオカメラの「HDV」編集。従来のDVと違い、情報量が1コマあたり約6倍もあるのです。これからはハイビジョンの時代に変わろうとしています。HDVのエンコード時間の短縮には、この位のスペックでないとストレスが溜まるのです。ペン4の3.5GHzクラスでもHDV画像をパソコンで見ると、止まってしまう事もあるのです。今のペン4の2.6GHzではまともに見ることもできません。

G5には Final Cut Pro や Photo Shop CS もぶち込みます! 11月中旬に届く G5から始まる新しいPCライフに今からワクワクしています。

PS・・・・

昨夜、手拭作りと部会後の飲み会?は、急な集まりだったもので残念ながら行けませんでした・・・みんななに食べたのかなぁ~?

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年10月23日 (日)

peri 息抜きに夜釣りに行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月11日 (火)

疲労氏です

CIMG0100 お陰様で、土、日、月と充実した「無料写真撮影会」が終わりました。

写真を受け取ったお客様の笑顔を見ると疲れが吹き飛びます!

ですが、お客様に「大阪から来た」とか「九州から来た」とかコメントを

写真に入れてくれ~とか、ずいぶん言われましたが、すみません!

どれがどれだか解らなくなってしまいました・・・・泣。衣装の方も次週はバリエーションを増やそうと思ってます。浅草日記ブログと違い、WEB&PHOT担当の自分は他の作業が多くてなかなか更新できなくてすみませんです。節操の無いブログです。 

この場を借りて、「明治無料写真を実際にお撮りになられたお客様」へ・・・ご意見、ご要望、そしてご感想を受け付けたいと思います。 他にもちろん写真撮影会へのご意見、お問い合わせでも結構ですのでどうぞ、コメント、トラックバック、メールへ書きこしていただけたら幸いです。

これからも、仲見世商店街店主一同、心からサービス向上に努めたいと思います。

nomokamo@yahoo.co.jp    ウェブ担当 KAMONOHASHI

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年10月 7日 (金)

匠の技

CIMG0974 CIMG0975                 本日は自分のもう一つの「顔」である銘木業について書こうと思います。

今から10年以上前にひょんな事から知り合った銘木職人がいます。その当時は銘木事態解らず、大工と同じようなもんとしか思ってませんでした。

ある日、「俺の職場と仕事を見に来い」と誘われて説明を受けながらその仕事っぷりを時が経つのを忘れてじっくり見学しました。・・・そしてあまりの技術に感動してその場で「教えてください」・・・それから十余年。今でもたまに仕事を手伝ってます。   銘木業とは簡単に言うと「木の修復と調整、仕上げ」かな。もちろん建材とかでなく、「ケヤキ、ヒノキ、カリン、黒柿、モミジetc///」など、大きさも、そのほとんどが1尺以上の高価な木です。から「失敗は許されない」ですのでやる人が居ないのです。しかし、そのぶん手間賃がビックリする位高くて、仕事も例えば現場で「大工さんより遅く、昼ごろ来てしかも一番早く帰って、賃金もはるかに高い!

しかし「神経」も一番使います。この画像は自ら「埋木」をしてるところです。2枚目の画像は横半分まで埋めた状態です。無垢の木のテーブルは必ず割れが入るのでこうやって修復するのです。もちろん寸分狂わず埋めなくてはなりません。

まさに芸術!・・・もっと修行せねば!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年10月 1日 (土)

壊れた道

CIMG0877 CIMG0887 CIMG0895

本日は先々週の休みの日に行った「日光杉並木街道(例幣使街道)のお話をいたします。日光地域は自分にとっては2番目故郷です。 10代の頃から良く行き、良く遊び、思い出多き場所です。 今回は杉並木街道を下小代駅から歩いて日光を目指しました。

しかし・・・・歩いたことのある方も多いと思いますが道路の道幅が超狭くとても歩ける道じゃないです!画像をみてお分かりいただけるかと思いますが、白線の内側は平均30センチ!!車が右肩スレスレに通過していく! あまりに危険なので歩道を探すも途切れ途切れでほとんど無し・・・しかし、同じ車ブンブン街道を歩いてる老人を発見!! 轢くなら轢いてみやがれぇ~て感じで堂々と歩いてるそれを見て俺らもがんばらねば、と、歩くこと1時間・・・・慣れって怖い!・・・1時間もたつと全然気にしなくなるどころか「俺を避けろ~」ってなかんじで右手をブンブン振り回す!挙句の果てに笑い出す自分がいた(笑)

道中色々な観察と発見・・・画像・気の根元が道路より高い位置にある・・・杉並木が傷んでくる理由がわかる・・・自分はこれでも銘木職人の弟子(本業は違いますが)でして傷んでる木の多い事にちょっとショックでした。杉並木は300年の歴史を誇りますが、花粉の問題や地元住民とっては「いつ倒れるかわからない」っと心配している人も多いみたいです。

画像の下小代駅は昭和4年に作られて最高にレトロな駅でした。(無人駅)この駅も取り壊しの話があるらしく、地元住民が取り壊し反対運動をしてるみたいです。

おっと珍しく長くなりましたが、この続きはまた書きたいです。・・・その前に120周年記念祭!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »