« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

人間魚雷回天

みなさん、人間魚雷「回天」をご存知でしょうか?先日、本屋さんの漫画コーナーで目に付いた「特攻の島」なにげに買ってしまいました。自分、昔から第二次世界大戦関連本を良く読むのですが、これ読んで改めて「戦争の悲劇」を痛感しました。

回天とは、簡単に言うと潜水艦に搭載している酸素魚雷の真ん中を切断してそこにコクピットはめ込んだもので、手動でそれをコントロールして敵艦に体当たりするという兵器。 大戦末期、ドイツには「ホーミング魚雷」と言う自動追尾魚雷がありましたが、これはそれの人間操作版。他にも特攻ボートなども製作したたのです。生還率0%のこの兵器。自分は簡単には「いかれてる」と、笑えないのです。

確かに現代人からすれば狂ってると、思うかもしれませんが当時の特攻隊員は本当に純粋に国のため、家族のためを思って戦ってたのです。 特攻はそれらを守るため当時の若者は命を捧げたのです。 その英霊達が「今の日本」を見たらなんと思うのでしょうね? これが守るべき未来の日本国の、日本人の理想の姿なのか?

祖国敗るれば、親も同胞も安らかに生きてゆくことは出来ぬのだ。我等屍   によって祖国が勝てるなら満足ではないか。池淵 信夫

身はたとえ朽ちるとも、永遠に母上をお守りします。久家  実

太一は本日回天特別攻撃隊の一員として出撃します。

日本男子と生まれ、これに過ぐる光栄はありません。

生死の程は論ずるところではありません。

私達はただ今日の日本が私達の突撃を必要としている

と言うこと知っているのみであります。今西 太一

菊水の兵器に乗り白鉢巻の中に御両親様のお写真をひそめ、

千人針に胆を締めて敵撃滅に猛進する小生の姿を御想像になられ、

尊継聊か御国の御役に立ち得たる事を喜んでやって下さい。

では行きます。市川 尊継

本文一部抜粋

日本の歴史を勉強するのはいいことです。が「血塗られた歴史」に関してはあまりにも目をそむけていませんか?

平和だった時代の勉強もいい、が、国の将来を信じて命を掛けた日本人の英霊達に手を合わせる気持ちもわすれないで欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

直会旅行

Dsc_0029 Dsc_0033 Dsc_0039 Dsc_0044

三社祭が終わりますと、各町会、それぞれ打ち上げ旅行に行きます。

我が町会は「博多」に行ってまいりました。この時期の博多は「山笠祭」モードに入り、町も活気に満ち溢れてきます。 期間は7月1日~15日で、実際見られるのは7月12~15日みたいです。 町を散策すると、「東流」や「西流」とか書いてあって、これは浅草に例えると東町会や中央町会ってな感じで、町会ごとにここも仕切られてるようです。 お話を伺うと「地元の人は少なくて、やはり地方等の同好会がメイン」のようです。各、流派?ごとに早く回るタイムを競うようです。 郷土資料館でみんなでビデオを見ましたが、「参加して~」と、みんないってました。

さて、旅行ですが・・・・・みんななんでこんなに食うのだろう?や、食えるのだろう?18時半から天ぷらだ~刺身だだ~と、たらふく食べて、飲んで1時間後には焼肉、そんでラーメン・・・・オレはもう、ギブアップでラーメンまでは行きませんでした・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

変な風邪に注意!!

またまた、更新遅れてます。 実は月曜日あたりから、風邪をこじらせてしまい、高熱でバタンキュウーでした。 しかし、休みたくても今週休むこともできなくて、バファリンのんでゴマカシテましたが、昨日さらに悪化してしまい、大嫌いな病院に行って薬をもらいました。 熱は怖くて測ってなかったのですが、8度9分もあり、やばかったです。  お医者さんに聞いたら「インフルエンザの一種?みたいなんだけど、喉に来る変な風邪が流行ってる」らしいのです。  今は薬が効いたのか?平熱に戻ったので一安心です。

危うく町会旅行が中止になる所でした・・・・や、まだ安心はできませんがね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

Wカップ 日本の敗戦

ちくしょう~ちくしょう~ちくしょう~!!!!!残り9分で3点も取られるなんて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・日本は相変わらずカウンターに弱いし・・・・・・・・「攻撃は最大の防御」・・・これ、戦時中の日本の有名な言葉ですが、攻撃も未完成、防御も・・・・・・決定力に欠けてる・・・・・・風邪気味ですが、これから珍しくやけ酒です。  こうなったらブラジル戦・・・勝てそうも無いので、選手村に「忍者」を忍び込ませて「下痢薬」を盛るしかてがないかも??あーあーあーあーあー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

Wカップ始まる

Dsc_0059 「人の集まるところは栄える」と、言う言葉があります。 Wカップ見るとドイツ市民の目の輝き。 幸せそうですね!日本開催時を思い出しました。人が集まってくると、人が人を呼び、益々栄える。 人が減ってくると潮が引くように荒廃していく。町、土地、国。

「球場のビールはなぜ、800円で売れるのか?」なんて本が出てます。 たとえば使い捨てカメラ。 量販店に行けば400円位で買える。しかし、スキー場に行けば 1800円、飯も高いし・・・・でも売れる。人の多い場所、栄えてる場所ではなんでもあり状態。 しかし、人は人の多い場所に自然と引き寄せられてしまうし、色々な「感覚」がずれるのです。

栄える土地には、その土地その土地の特徴、売りが必ずあるのです。 別に「駅から近いから」栄える訳ではないのです。

こんな文を書いたのは、先月、久しぶりに昔のアウトドア仲間と集まることになって、日光、中禅寺湖に行きました。そこで、湖畔のレストランのオーナーが「ここは自然が多く残ってて、欧州の雰囲気がいっぱい!フランス、イタリヤなどの大使が立ち並び・・・etc 」 「展望台には行きましたか?」と、聞かれたので「いや、」と答えると「あの展望台のドーロ、湖畔をぐるっと一周して他の高速道路と繋がる予定だったのに、残念でした」  だって・・・おいおい、自然が売りじゃないのかい? 自分は地方に行くと、なにかと、その土地の経済状況をきいたりするのですが、「道路信仰」は地方ほど根強くて。「上高地」を見習ってほしい。 とことん自然にこだわってこそ、「人」が集まるのです。

最後に「丸沼の汚染」について尋ねると、口を閉ざしてしまいました。お客さんが自分一人の100人は入れる観光レストランでの会話でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

NOMOとウィーン合唱団

Nomo1 なにやるのだろう??・・・・ピアノやら楽器が置いてあり、聞くと「ウィーン少年合唱団が来る」とのこと。何時にやるのか分かんないのでチョコチョコ見に行くと、浅草寺の前に合唱団と俺の好きな「野茂英雄」が居るじゃないですか!なんかV6も居たみたい。

しかし、野茂さん!この時期、浅草で見るよりもメジャーリーグで見たかった・・・・野茂選手は1995年デビューから、どの日本人選手よりも好きなのですよ。 ノーヒットノーランの感動は今でも忘れません!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

Dsc_0151 子供の頃は見上げた空が晴天ならば、世界中の空も晴天だと信じていた。

とても好きな言葉です。 先日行った千葉、ジョイフルホンダの永田さりん、さんの個展の絵に描いてあった文句。 アインシュタインの名言だったかな? 写真は向島タワー建設予定地の東武周辺、これから激変する町です。

テレビでは村上ファンドの村上氏がインサイダー疑惑・・・との報道でテレビを賑わせてますが、お金、そう50~60才位の中高年の人達でも、1万2万で困ってる人達凄く多いのです。 自分の周りでもここ1年で3人の人に借金問題の相談を受けて先日最後の人の借金問題が片付いて、やっとホットして所です。 みんな弁護士を紹介したですが、最後の人は55歳で闇金にてを出して、話を聞くと「5万借りて、なんだか知らないが15000円の利息+手数料2000円をいきなり引かれて33000円しかくれなくて、次月利息でまた15000円払って・・・・

むちゃくちゃですが、こういった人から血の一滴になるまで毟り取る・・・貧乏人は死ぬまで貧乏人。金持ちには金が金を呼ぶ現代ですね。ただ、借りる方もあまりにも知恵が無さ過ぎる。 自分は貸し金業者が悪いなんて思っていない。借りる方にも非がある。貸したほうが貸し倒れるか、借りたほうが倒れるか・・・

話は変わりますが、今のネット社会はおかしい。 政府がネットで申告とかすれば安くなるとか、保険や各ショッピングポイント、保険、申告、買い物etc・・・全てインターネット有利の社会。 おいおい!ネットできないお年寄りはどうすんの???

5人に1人は高齢者社会になる日本。めちゃくちゃ矛盾してる,自分もPCは好きだがパソコンなんて単なる「道具」の1っに過ぎないのですよ。

やさしくない、勝手、先の事を考えないバカ政治家で構成された日本・・・

もう、終わりかも??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »