« 今年の三社祭 | トップページ | 東京大空襲 »

2007年3月 6日 (火)

銀聯カード

中国でもっとも普及してる「銀聯カード」。これは、暗証番号入力方式のキャッシュカードのようなもので、中国人観光客が年々増大してる日本の、特に観光地での取り扱い店が増えてきてます。

浅草も例外でなく、取扱店がどんどん増えてくことでしょう。このカードの特徴は「中国から海外への持ち出し金は$5000(約50万強)と限らる」しかしこのカードならば「口座残高いっぱいまで買い物ができる」のです。つまり例えば口座残高が1千万あれば、世界中のお店で残高いっぱいの1千万まで買い物ができるのです(残高オーバーの買い物は不可)

実は中国人向けの浅草のパンフレットか新聞か解りませんが掲載用の「浅草」の写真を頼まれました。 どうしよう?「人の顔がハッキリ映ってなくて雷門などの有名建造物が入ってて買い物してる人も入ってて・・・」 とりあえず撮影しに行きますが・・・うまく撮れないならば・・・う~んある意味浅草のイメージを左右するようなもんなので、かなりのプレッシャーです。

だいたい自分はプロでもないし、アマの駆け出しレベルですので・・・

正直困ってます・・・・・

|

« 今年の三社祭 | トップページ | 東京大空襲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133882/14154324

この記事へのトラックバック一覧です: 銀聯カード:

« 今年の三社祭 | トップページ | 東京大空襲 »