« 宝蔵門完成式典 | トップページ | 歩く・・・歩く・・・12キロ »

2007年7月 4日 (水)

巨魚の正体

Asou1  

さて、本日はお店休みでこれから商談会に。早めの更新です!例の巨大魚ですが池の奥の方でハッキリその姿を確認できました。 これは鯉ではなくて「草魚」です。 こんな色の草魚は珍しくて俗に言う「アルビノ」です、アルビノとは染色体の異変によって特に鱒類に多くみれられます。

草魚は湖沼の「掃除屋さん」と言われる岩などについた雑草を食べるので大きな池に1~2匹入れとくと池がクリアで清潔な状態に保たれるのです。草魚は外来魚ですが、食用目的などで日本に輸入されて今では日本全国の湖沼川で見られます。特に江戸川や利根川では「連魚」と並んで大物狙いの太公望のターゲットになってます。

|

« 宝蔵門完成式典 | トップページ | 歩く・・・歩く・・・12キロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/133882/15646322

この記事へのトラックバック一覧です: 巨魚の正体:

« 宝蔵門完成式典 | トップページ | 歩く・・・歩く・・・12キロ »