2007年4月15日 (日)

みちのく一人旅

Ahhh2  

///////////////////////////////////////////////////////////////

浅草関係や、この仕事(接客)を毎日してると、「人と話たくない症候群」が時々自分に襲ってくる。 完全に自分の休みがあまりなく、突然、中禅寺湖に行きたくなった。 まだ、シーズン早いがストレス解消!行ってみよう!第二の故郷へ。 目的は湖畔で寝ながらの釣りと日帰り温泉。

魚の回遊する時間帯はわかってる。隣の釣り人に「もうそろそろ回遊してくるから真剣にやった方が・・」と、言った30秒後に見事ヒット!45cmの半野生化したレインボーだ。

Ahhh5  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

しかし、話は変わりますが「まだ4月だってのにアオコが・・・水温も高い!

なんだ?おまけに見たこともない黒い鳥の群れが居る!地元の人も初めてみた鳥らしい。 ズームしてトリミング拡大してみたが「鵜」なのでしょうか?どなたか分かる人がいましたら教えてください。

Akkkk7  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明らかに年々汚くなっていく中禅寺湖。湯の湖の汚水の垂れ流しが原因

ですが、未だに下水のインフラが整っていないようで、正直寂しい、男体山も泣いている。南側半分(地獄川の上)の湖水は綺麗ですが。

Ahh3  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年のブログにも書いたレストランに行ってみた。昼食時間なのに今年もお客は自分だけ。 入る前に手招きされた。安くて美味しい。

帰りは〇〇ホテル温泉の日帰り入浴。1000円でゴールデンタイムなのにここもお客は気分だけ。まーその方がゆっくりできて最高ですが!穴場です!温泉もログ作りの建物に硫黄の臭いが凄い白濁湯!最高です!

Ahhh8  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつまでもこの美しい湖水が保たれる事を願います。最後に自分の好きな作家「開高 健」さんが「釣り人は科学者でなければならない」を思い出します。水と接してる人こそがどんな科学者よりも自然の変化に敏感で、水や大地、空を良く理解してるのです。 温暖化の影響がこも湖にも・・・・春夏秋冬の美しい日本もいつまで・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年10月13日 (金)

隅田川・・本物江戸前ウナギ捕獲計画

Ds_0070 今年ほど、色々計画倒れになった年はなかった・・・やっとノホホン族。 この画像は今年の計画にあった「ウナギ捕獲用の竹筒」 先日入手。 今年、隅田川ウナギ計画も頓挫してしまいましたが、近く仕掛けに行こうと思います。

この竹筒の中にミミズか魚の切り身入れて、1日~3日後に引き上げます。 詳しい人に聞いたら「10月の下りウナギが油が乗って一番うまいそうです。 荒川、江戸川ではけっこう狙ってる人が多いみたいですが、隅田川の情報は無いに等しいのです。 もし、獲れた数日綺麗な水に入れて、泥を吐かしてから・・・食べる! まぁ~そのような話は獲れてからにしましょうね(笑

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

趣味

Dsc_0060 Yufu1_1

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日はかなりディープな趣味の話。今、大掃除中で画像作業をするマックとネット中心?のWindows、そして新型プリンターやら色々導入予定でして、狭すぎて自分以外は入れない(笑)4畳部屋を再構築ちゅうです。

左の画像は自分の趣味の1つ、釣り!そうリールの画像です。でも、ただのリールではなくSWEDEN,ABU社のオールドリールです。これのコレクターは世界中でたくさんいまして、よく、雑誌にもカメラのライカと並んで撮影されてたりします。このリールは自分のABUコレクションの中でも氷山の一角。これは、好きなリールそして貴重な物を選んでアップいたしました。 右奥の黒金は24金ブラックアルマイト塗装のデラックス版でチーク材の箱が付いてます。そして、永久保障なんですよ。

あの直木賞作家の「開高 健」もABU社製の道具を愛用してて、中学生時代にそれを見、憧れて現在にいたります。ですが、今のABU社の道具にはなんの興味もなく、スエーデン鋼、そして完全ハンドメイド時代の古ABUのみコレクションしてます。集め方は海外オークションが主ですが、国内からも買ったりいたします。世界中でコレクション本が多種出てますが、とても奥が深いのです。自慢の一品は画像左下のブロンズ色のやつ。日本に、これ一台しかないのですよ。総生産数15~20台。未発売モデルでABU社の工員や幹部に配られた物です。ABU社の博物館にもあります。ただ、贋作も多く、この世界ではかなり問題化されるのです、目利きでないと失敗いたします。これは4年前にSWEDEN本国からネットオークションに出品された物です。この頃は、これの知名度が低くてかなりウェブ上で議論がされて、結局最低落札価格に届かずに終わったのですが、その出品者は以前にも取引してまして、メールでやり取りしたら「あんたになら売ってやる」って感じで、購入いたしました。

もちろん自分なりに真贋判定を下し、アメリカ在住の有名なABU研究家にも相談したんです。購入価格は新車バイク1台分でしたが、その後、他色(全部で4色あるらしい)が最近出品されたら、これの知名度が上がったせいでしょうか自分の購入価格の数倍の価格が付いてました。

そうですね、今後は他のコレクションもチョクチョク、アップいたしましょうね。松田優作、石原裕次郎などの石原軍団の直筆サインなんかもありますよ!(日活関係者からの頂き物)玩具なんかもいいでしょうな

PS・・・右のレジの画像はあのドイツの「ワルサー」製で、30年以上今でも現役で使用してる物です!丈夫でこれ以外のレジは使用できないです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)